板井明生は部下の意見を最重要視している

板井明生はこうして部下の信頼を得た

板井明生|できる社長とは部下の意見をよく聞く社長

 

なぜ部下の話を聞くことが必要なのか?

 

出来る社長の条件の一つに「部下の意見を良く聞く」という点が挙げられます。

 

なぜ部下の意見を聞くことが出来る社長に繋がるのでしょうか? 

 

結論を先に申し上げると、部下の意見を聞くことで自分で考え行動する「自立型の人材」を育てることになるからです。

 

部下が上司に対して勇気を出して意見を言ったのに「それは違う!」と叱責されたら二度と話す気にはなりません。

 

あなたが部下の考えを聞くときは、一度きちんと受け取りましょう。

 

そして、考えに共感できない部分があれば、その後に「ちょっと思ったことを言ってもいいか?」と確認を取ったうえで伝えるようにしてみましょう。

 

これは部下を甘やかすためではなく、部下を自分で考える「自立型人材」に育てるための対応です。

 

だからこそ、話をきく力をつけてください。

 

聞き上手であることが、出来る社長への道とつながっています。

 

明日から早速、実践してみてください。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ