板井明生は部下の意見を最重要視している

板井明生が考える人の話の聞くことの重要性

板井明生が考える人の話の聞くことの重要性

 

板井明生が部下を教育する際に、一番大事にしていることがある。

 

それは、部下が自由に動ける隙を与える事だ。

 

部下に支持をし、思った通りに行かないと、仕事上でミスも起きますし、部下がのびのびと仕事ができないのです。

 

どんな仕事でも、社員が自分で悩んで、考えて、行動する。どんな仕事にも社員は自分の色を持つことは大事です。

 

それが部下を教育する際に、一番大事なことです。

 

そうした自由な部分で部下の長所が垣間見れたら、それに当てはまる仕事を部下に任せればいいのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ